日本時間11月6日、サウジアラビア・リヤドのMrsoolパーク・スタジアムにて行なわれた『クラウン・ジュエル』がライブ配信され、ローマン・レインズが『クラウン・ジュエル』のWWEユニバーサル王座戦でローガン・ポールのラッキーパンチや弟ジェイク・ポールの登場で苦戦するも、最後はスピアーで止めを刺して王座防衛に成功した。

 レインズはサウジアラビアで行われた『クラウン・ジュエル』で王座防衛戦に挑むとWWE3試合目となる“登録者数2360万人のYouTuber”ローガンに余裕をかましていたが、クロスボディや強烈なクローズラインを浴びて表情を変えると、ヘッドバットやキャメルクラッチを決めて反撃した。続けてローガンにブロックバスターからスーパーマンパンチ、クロスボディ、スタンディングムーンサルトと怒涛の連続攻撃を決められたが、ショーン・マイケルズ直伝のスイート・チン・ミュージックを放ったローガンを捕まえるとそのままロック・ボトムを叩き込んで白熱の攻防を展開した。

 終盤にはレインズがローガンの右拳を振り抜いたラッキーパンチでふらつくと、スーパーマンパンチも浴びて堪らず場外に回避。すると今度は追撃を仕掛けるローガンのフロッグスプラッシュで解説席ごと破壊されてピンチとなると、救出に現れた“ザ・ブラッドライン”ウーソズやソロ・シコアがローガンの弟ジェイクとスタッフが止めに入る乱闘となったが、レインズがこの乱闘に加わったローガンの隙を突いてスーパーマンパンチを放つと最後はスピアーで止めを刺して3カウント。レインズはローガンを撃破して王座防衛に成功し、一方のローガンはWWE3戦目で初黒星を喫して王座奪取に失敗した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.