日本時間11月17日にNXTが配信され、“ザ・ロックの娘”エイヴァ・レインが仁王立ちの妨害によりザ・ダイアド(リップ・ファウラー&ジャガー・リード)のタッグ戦勝利に貢献した。

 ダイアドがジョー・ゲイシー&エイヴァと共に黄色い仮面をかぶって登場すると、ジョシュ・ブリッグス&ブルックス・ジェンセン(withファロン・ヘンリー)とのタッグ戦に挑んだ。試合は白熱の攻防を展開もファウラーが場外に引きずり出したジェンセンに殴られて劣勢となると、エイヴァが2人の間に立ちはだかって妨害し、さらにその隙にリードがジェンセンにトペスイシーダを放って形成逆転した。

 終盤には突如現れたキアナ・ジェームスがセコンドのファロンやブリッグスと揉め出すと、その隙にダイアドが残ったジェンセンにチケット・トゥ・メイヘムを決めて3カウント。エイヴァが先週のゲイシーの試合に続いて、ダイアドのタッグ戦にも介入してスキズムの勝利に貢献した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.