20日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『エキサイトシリーズ2024』が開催。田村男児が世界ジュニアヘビー級王座の3度目の防衛した。

 男児は2019年1月2日にデビューした全日本生え抜きのジュニア戦士。タッグ戦線で全日本や天龍プロジェクトで結果を出していく一方でシングルでは振るわずにいたが、昨年12月にはGLEATのエル・リンダマンに流出していた世界ジュニア王座を奪還。現在は全日本ジュニアの顔として団体を背負って立つ存在となっている。

 男児は、昨年のシングルリーグ戦で敗れた選手への“お礼参り”の防衛ロードを歩んでおり、佐藤光留、岩本煌史にはリベンジ完了。3度目の防衛戦では、最後の相手である阿部史典を迎え撃った。


 試合は開始直後から真っ向からバチバチとした打撃戦が展開されるが、パワーでは男児が断然上回る。
 阿部はドラゴンスクリューからリバース・インディアン・デスロックなどの足への一点集中攻撃に切り替えて削っていき、一時は男児がロープにはしれず倒れ込んでしまう場面も。
 男児が気迫のファイトで追いすがるも、阿部は顔面をぶち抜くカウンターのドロップキックからバズソーキックを叩き込み、足4の字固め。
 さらに阿部はかつて全日本ジュニアを支え続けた故・青木篤志さんの技であるオブジェクト(※リストクラッチ式アサルトポイント)を繰り出すも、これで逆に火が点いた男児が大暴れ。デスバレーボム、パワーボム、ラリアットと得意の大技で畳み掛けて3カウントを奪った。

 試合後、男児と阿部はガッチリ握手。その後、しっかり抱き合った後に向き合って座礼を交わした。
 その後、ライジングHAYATOがリングに上って挑戦を表明。全日本ジュニアの頂点が若い世代で争われていくという明るい未来を感じさせる光景が広がった。

 バックステージに戻った男児がHAYATO戦への意気込みを語っていると、今月末でみちのくプロレスから退団することが発表されているMUSASHIが登場。
 MUSASHIは「チャンピオンのあなたに言いたいことがある。俺さ、全日ジュニアと、そのベルトに興味あるんだよねぇ。このリングで一緒に闘わせてもらってもいいですか?」と男児に握手を求める。男児は迷いながらもその手を握り返してから去っていった。


 その後、MUSASHIは「今日は世界ジュニアのベルトを視野に入れての全日本プロレス参戦表明に来ました。今の全日ジュニアは若い選手が躍動してますけど、俺みたいな中堅選手がいたほうが面白くなるんじゃないですか?いや、俺が全日ジュニア、もっと面白くしてやるよ。そしてね、名だたるレスラーたちが巻いてきた世界ジュニアのベルト、俺はあのベルトを腰に巻きたい。今のね、全日本プロレス、なんか色々あるみたいですけど、俺がね、起爆剤になって……ジュニアだけじゃなく、ヘビーも含めて全日本プロレス全体の起爆剤になったら面白いよね。全日本プロレス、そして全日本プロレスファンの皆さん、俺から目を離すなよ」と宣戦布告。

 今大会の前日まで新日本プロレスの『FANTASTICA MANIA』に参戦していたMUSASHIだが、主戦場を全日本マットに定めた様子。
 突然やって来た強豪に男児は、そして全日本ジュニア戦士たちはどう立ち向かうのか。今後も注目していきたい。