NTTドコモ(吉澤和弘社長)は2月14日、世界で初めて複数カメラの映像をクラウド上のサーバーで360度8KVR、8Kワイド、マルチアングル映像としてリアルタイム生成可能なライブ映像配信クラウドシステムを開発したと発表した。

 同システムを活用したリアルタイム8Kワイド・マルチアングル配信の第1弾として、3月15日にマツダスタジアムで行われる「プロ野球オープン戦 広島東洋カープ 対 福岡ソフトバンクホークス」のライブ中継「Veryカープ!Neo Live Viewing」を実施する。
 これまで、VR、ワイド、マルチアングルのリアルタイムな映像配信を行うためには、複数カメラの映像を視聴方式に合わせて加工する映像処理装置を会場内に設置する必要があり、設置場所を確保できない会場やイベントではリアルタイム映像配信が困難だった。
 NTTドコモでは、19年2月に360度8KVRのリアルタイムライブ映像配信クラウドシステムを開発したが、今回、複数の動画をつなぎ合わせるリアルタイムスティッチング処理などの技術を拡張することで、8Kワイド・マルチアングルの視聴方式でも配信可能とした。
 今後は、同システムを利用することで、スポーツや音楽のライブイベント会場で大掛かりな装置を設置せずに、リアルタイムに高画質な360度8KVR、8Kワイド、マルチアングルの映像を生成し、多様な視聴スタイルに対応した映像配信が可能となる。
 なお、3月15日に行うライブ中継「Veryカープ!Neo Live Viewing」は、広島県の「ひろしまサンドボックス PITCH TRIAL」の一環として、スタジアムやテレビでの観戦に次ぐ新たなスポーツ観戦スタイルのビジネス検証を目的に、博報堂DYメディアパートナーズ、中国放送、ヤマハの協力のもと実施する。
 NTTドコモは今後も、スポーツや音楽イベントなどでのこれまでにない体験や観戦の実現に向け、5Gを用いた多種多様な視聴スタイルの技術開発に取り組むとともに、5Gのさまざまな利用シーン創出やソリューションの実現を目指す。