セイコーエプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンタ「SureColorシリーズ昇華転写プリンター」の新製品として、デスクトップモデルの「SC-F550」、コンパクトモデル「SC-F6350」を9月10日に発売する。

 昇華転写とは、昇華型インクでプリントした転写紙に熱を加えインクを気化させ、ポリエステルなどの素材に染み込ませるプリント方式。スポーツアパレルなどの制作に利用される。プリントの際に版が不要なデジタル方式なので、オリジナルグッズやノベルティといった多品種少量プリントに向いている。
 SC-F550は、24インチ対応デスクトップモデル。置き場所を選ばない省スペース設計で、ロール紙と単票紙に対応。4.3インチの大型タッチパネルを備え、プリントまでのガイドや消耗品の残量、エラー状況について確認できる。
 SC-F6350は、従来機「SC-F6200」でサービスエンジニアを呼ぶ必要があったヘッドキャップのクリーニングを顧客自身がメンテナンスできるようになった。印刷したロール紙を巻き取る自動巻取りユニットをオプションとして用意。印刷後の紙をロール状に巻取り、転写工程にすぐに取り掛かれるため、大量印刷時の作業効率を上げることができる。