沖縄クロス・ヘッド(OCH、渡嘉敷唯昭代表取締役)とオーシーシー(OCC、天久進社長)は、那覇市IT創造館でインキュベーション向けITサービスを11月から提供する。

 那覇市に立地する那覇市IT創造館は、情報通信産業を支援するとともに、企業や市民のITに関する知識、技術の向上、地域の活性化に資するため設置されたインキュベーション施設。沖縄の情報通信関連産業の継続的な成長を達成するため、沖縄県が取り組んでいる「おきなわ Smart Hub構想」などの施策により、那覇市は当該産業の企業立地が進んでいる。
 那覇市IT創造館へ沖縄クラウドネットワークを活用した入居企業向けITサービスを提供し、入居企業がサービスの有効活用により高い付加価値を創出することで、入居企業や地域経済の活性化を目指している。
 沖縄県が整備しOCHが管理運営する沖縄クラウドネットワークに接続し、法人向けインターネットを提供するとともに、スタートアップ企業にはOCH・OCC両社が提供する安価で使いやすいSaaS、中核企業にはカスタマイズしやすいデータセンターサービスやセキュアなプリントサービスなど、成長過程の入居企業のニーズに合致した幅広いITサービスメニューを提供する。
 今後、OCHとOCCは、那覇市IT創造館に入居する企業へ順次説明会を開き、サービスを提供していき、那覇市IT創造館だけではなく沖縄県内その他インキュベーション施設への付加価値向上に向けて、スタートアップ起業の支援に注力する。