シュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」を12月1日に国内で販売する。

 同社のIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部であるEcoStruxure IT Expertは、クラウド経由でITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度などの環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うITインフラ設備管理ソリューション。常駐のIT管理者がいないオフィスや工場、店舗などのエッジ環境でもIT設備がリアルタイムでリモート監視できる。
 クラウドベースなので、アプリケーションのインストールが不要で、複雑な導入作業が生じないため、簡単に導入できるメリットがある。サブスクリプションで接続機器単位での課金となるので、監視対象機器が少ない環境でもスモールスタートで始められる。
 また、これまでデータセンター向けオンプレミスのデータセンターインフラ管理(DCIM)として「StruxureWare」を提供してきたが、今回新たにクラウドベースでの運用管理EcoStruxure IT Expertも提供する。
 さらに、EcoStruxure IT Expertによって収集したデータをもとに同社の専門家が24時間365日遠隔監視し、保守契約に基づいた修理対応を行う「EcoStruxure Asset Advisor」も12月1日に提供する。