米Amazon Web Services(AWS)は1月20日、日本で2つめとなるAWSリージョンを大阪に開設する計画を発表した。アベイラビリティゾーン(AZ)間の距離の要件を満たす必要のある顧客向けに、18年に開設したAWS大阪ローカルリージョンを拡張する。

 アジア太平洋リージョン(大阪)は、21年初頭に開設する予定で、3つのAZで構成され、さまざまなAWSサービスを提供する。これは、北京、香港、ムンバイ、寧夏、ソウル、シンガポール、シドニー、東京にある既存のリージョンに続いて、アジア太平洋地域で9番目のAWSリージョンとなる。
 すべてのAWSリージョンと同様に、地理的に離れた複数のAZが含まれ、それぞれのAZは単一の事象により可用性に影響を与えないよう隔離され、高可用性アプリケーションの低遅延も実現できる距離に配置されている。各AZには個別の電力源、冷却システム、物理的セキュリティが備わっており、冗長性のある超低遅延のネットワーク経由で接続されている。また、同リージョンはAWSのすべての顧客が利用可能となる。
 AWSでは現在、世界22の地理的リージョンに69のAZを展開している。今回発表の大阪以外に、今後、インドネシア、イタリア、南アフリカ、スペインの4つの地理的リージョンに13のAZを開設することを発表している。