Dynabook(覚道清文社長兼CEO)は1月29日、オフィスの生産性を高めるスマートワーク・ソリューション「dynaTeams」を商品化したと発表した。チャットを軸にしたコミュニケーションプラットフォームMicrosoft Teamsの導入・運用支援を軸に、Microsoft 365 Business EssentialsのライセンスやPC、大型タッチディスプレイなどをパッケージにした。基本パッケージは50ライセンスに加え、DynabookのPC10台、65型タッチディスプレイ1台、液晶モニタ1台で構成。初年度の税抜き標準トータル費用は638万円。

 社内コミュニケーションの効率を向上させたい、会議の準備や議事録作成の手間を削減したいといったニーズに応えて商品化した。チャットを使った意思疎通を軸にしながら、Microsoft Officeのデータをシムレスに活用することができる。Dynabookが導入から運用、サポートまでワンストップで提供するのが特徴だ。
 大型ディスプレイは、Windowsボタンを備えMicrosoft Teamsとの親和性の高いWindows Collaboration Displayも選択可能。サービス部分は、「導入支援」「活用ワークショップ」「ヘルプデスクサービス」などがあり、円滑な導入・運用をサポートする。
 発表会で、Dynabookの国内マーケティング&ソリューション本部長建設業担当の柏田真吾執行役員は「昨年1月にスタートした新生Dynabookとして、サービスとハードウェアをパッケージにしたソリューションは初。特に、Dynabookのハードウェアを生かせるような形で、ハードとソリューションのパッケージ展開を今後も広げていきたい」と話した。(BCN・道越一郎)