ソニー(吉田憲一郎社長)は5月14日、世界初となるAI処理機能を搭載した1/2.3型(対角7.857mm)有効約1230万画素のインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」(ベアチップ製品)、「IMX501」(パッケージ製品)の2タイプを商品化すると発表した。

 新製品は、イメージセンサーにAI処理機能を搭載することで高速なエッジAI処理を可能にし、必要なデータだけを抽出することでクラウドサービス利用時のデータ転送遅延時間の低減、プライバシーへの配慮、消費電力や通信コストの削減などを実現する。
 画素チップとロジックチップを重ね合わせた積層構造を用い、ロジックチップにAIによる画像解析処理の機能を搭載。画素チップで取得した信号をセンサー内でAI処理を行うことで、高性能なプロセッサーや外部メモリを必要とすることなく、エッジAIシステムを実現することができる。
 さらに、画像情報を出力しないメタデータ(撮像データに属する意味情報)の出力によるデータ量の削減やプライバシーへの配慮に加え、高速なAI処理による対象物のリアルタイムトラッキング、内蔵メモリの書き換えによるユーザーの使用環境や条件に合わせたAIモデルの選択など、さまざまな機能により多様なアプリケーションを実現する。
 このセンサーを採用することで、AI機能を実装したカメラの開発が可能となり、今後、小売業界や産業機器業界での多様なアプリケーションの実現や、クラウドと協調した最適なシステムの構築に貢献していく。
 税別サンプル価格は、IMX500が1万円、IMX501が2万円。サンプル出荷時期は、IMX500が4月、IMX501は6月の予定。