NTTデータとunerryは6月18日、移動と目的地でのサービス利用に関わる社会課題を解決し、新たな移動体験を得られる社会の実現を目的に、4月15日に資本業務提携を結んだと発表した。

 NTTデータとunerryは、これまでデジタルマーケティングなどの分野で連携実績がある。今回の資本業務提携により、unerryの地下街や施設内など広い範囲での人々の行動を見渡せる「オフライン行動ビッグデータ」を活用し、消費者行動の変化を適切に捉え、買い物や旅行などでの移動をより快適にする新たなサービスを提供する。
 まずは、6月18日から、アフターコロナの世界での安心・安全な移動を支援するアプリ「おでかけ混雑マップ」(無償)を提供する。次に、個人ごとの興味・関心に合った快適な移動を実現する「モビリティ・コマースサービス」を、20年度内に提供することを目指す。同サービスにより、人流ビッグデータに基づくお出かけ先のレコメンドや、目的地(商業施設など)情報の事前提供、予約、購入などが可能となる。
 今後両社は、NTTデータの顧客基盤やシステムインテグレート・アジャイル開発力と、unerryが保有する人流ビッグデータを合わせ、顧客のデジタルトランスフォーメーションを、デジタルとリアル両面から支援していく方針。