NTTデータは9月24日、国税庁(対象:東京国税局、仙台国税局、神奈川県管内、福島県管内税務署)が10月から実施する預貯金など照会業務のデジタル化に向けた実証実験に、「pipitLINQ(ピピットリンク)」サービスを提供すると発表した。

 今回の実証実験は、国税庁での預貯金等照会業務のデジタル化の実現に向けて、国税庁と金融機関の業務効率化効果や事務フローを検証するもの。具体的には、東邦銀行、横浜銀行、福島銀行、ゆうちょ銀行の協力のもと、これまで紙で行っていた事務作業をデジタル化した場合の削減時間の検証、デジタル化に対応した事務フロー等の環境テストなどを行う。実施期間は10月から12月まで。
 この実証実験を通じてNTTデータは、国税庁と金融機関の業務効率化を支援するとともに、「デジタル・ガバメント実行計画」に掲げられている「金融機関×行政機関の情報連携(預貯金等の照会)」を通じた行政手続のデジタル化を実現するため、21年度末までに120の金融機関と300自治体への導入を目指す。
 また、実証実験の結果を踏まえ、国税庁の来年度以降の本格稼働に向けた検討を支援していく。さらに引き続き、全国の行政機関と金融機関へ参画を呼びかけ、継続的なサービス拡充を並行して行うことで、行政手続きのデジタル化の実現に貢献していく。なお、実証実験の協力金融機関である東邦銀行、横浜銀行、福島銀行はすでにpipitLINQを本格稼働開始しており、ゆうちょ銀行については、22年1月以降の本格稼働を検討している。