日本情報技術取引所(JIET)は、10月13日に東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで「JIET EXPO 2020」を開催する。JIET全国支部と各委員会が一堂に会し、JIET会員企業をはじめ、一般のIT企業や学生向けにさまざまな企画を行うJIETとして首都圏エリア最大級のイベント。今年は、新型コロナウイルス感染症対策として、オフラインとオンラインの二つの会場を組み合わせて実施する。
 今回の目玉は、IT国家として注目されているエストニア。基調講演に駐日エストニア大使館の須原誠・全権大使特別補佐官が登壇し、「なぜ日本ではユニコーン企業が生まれにくいのか?」をテーマに講演する。須原氏は続くトークセッションにも登場し、JIETの池邊和孝理事とともに、「世界から見たIT活用後進国」を議題に意見を交わし合う。
 そのほか、JIETの働き方改革委員会と、ディジットの田村真一・セールス&プランニング本部長が働き方改革に関して講演を行うほか、JIETからバンコク支部と台北支部、企業からQ、Sansan、サイバートラストの3社がそれぞれプレゼンし、商談会を行う予定だ。
 イベント当日は、JIETの会員は会場で参加が可能。非会員の一般参加者は「Zoom」を利用したオンラインでの参加となる。
2020年10月13日(火)
14:00〜18:00
セルリアンタワー東急ホテル
(一般参加者はオンライン)
無料
日本情報技術取引所