富士通は10月5日、デジタル時代の競争力強化を目的として、製品やサービスやビジネスモデルに加えて、業務プロセスや組織、企業文化・風土を変革する全社DXプロジェクト「Fujitsu Transformation:フジトラ」を7月に立ち上げ、10月から本格始動したと発表した。

 このプロジェクトは、同社社長(兼)CDXOの時田隆仁氏と、4月にSAPジャパンから入社した執行役員常務CIO(兼)CDXO補佐の福田譲氏のリーダーシップのもと、部門・グループ・リージョン横断で富士通グループの変革に取り組むもの。
 変革の対象は、新事業の創出から戦略事業の成長、既存事業の収益性強化、様々なプロセスの標準化・効率化、人事制度や働く環境まで、経営・現場の重要課題となる。これらを、顧客や従業員などの声を取り入れながら、デザイン思考やアジャイルなどのフレームワークを活用し、解決していく。
 富士通は、同社のパーパスである「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」に基づき、今回のプロジェクトへ1000億円超の投資を行う。自身の変革を進めるとともに、今後その成果やノウハウをソリューションやサービスなどに反映し、顧客のDXのパートナーとして、デジタルテクノロジを活用した社会課題の解決を支援していく方針。