NTTテクノクロスは、情報セキュリティのISMS(ISO/IEC27001)認証取得後の継続更新(運用)を支援するクラウドサービス「ISO 楽!(イソラク!)」を12月14日から提供する。

 ISMS(ISO/IEC27001)は、国内で5000以上の組織が認証を取得している。しかし、ISMS業務の担当者は少人数で、他業務を兼務している場合も多く、中小規模の法人にはISMSの運用が難しくなっている。さらに、ISMS業務を担当するためには高度な知識を必要とするため、担当者の後任選出・教育に大きなコストが発生し、継続的な運用の課題となった。
 今回提供するISO 楽!では、ISMSの認証更新に必要な書類の更新漏れや未提出状態をチェックして担当者に通知する。さらに、NTTテクノクロスの経験豊富なコンサルタントがISMSに関する文書内容のチェックをクラウド上で支援するため、担当者の負担軽減につながる。
 また、ISMSの年間スケジュールと関連書類などを一元管理する。ISMS認証更新までに求められる各タスクの実施期限を事前通知し、タスクの実施頻度が不足している場合は事前警告する。これにより、認証監査時の指摘を未然に防ぐごとが可能。さらに、スケジュールに関連させて文書や外部サイトの関連URLをまとめて管理することができる。
 従業員へのISMSに関する理解度を高めるため、ISMSの規定に基づいたワンポイントアドバイスや理解度テストを毎日配信することが可能。従業員にISMSが定着することでセキュリティインシデントのリスクを低減できる。
 同社では、ISO 楽!を低コストでコロナリスクにも対応可能な非対面のクラウドベースで提供する。税別価格は月額3万円から(従業員規模50人以下の場合)。