ニッセイコムは、パシフィックシステムが提供する社会保険申請システム「PSD労働社会保険」と、ニッセイコムの給与計算システム「GrowOne 給与SX」を連携するためのオプション機能の販売を10月1日に開始した。

 今年4月から特定法人の社会保険に関する一部手続きについて、e-Govによるオンライン申請が義務化された。給与計算システムと社会保険申請システム、e-Govを連携することで、申請データの作成、申請書の送信、公文書取得などのオンライン申請にかかる作業の負担軽減・効率化を図ることができる。
 今回販売を開始するオプション機能によって、e-GovとAPI連携可能なパシフィックシステムのPSD労働社会保険と、ニッセイコムのGrowOne 給与SXを連携することで人事・総務部門の社会保険申請にかかる業務の効率を向上することが可能となる。
 ニッセイコムでは今後、GrowOne 給与SXの利用企業にオプション機能の販売促進活動を実施する。同社は、引き続き、製品・サービスの拡充により顧客の業務効率向上を支援していく考え。