オービックビジネスコンサルタント(OBC)は10月29日、デジタル業務の機能で“1人総務時代”の業務をアシストする「奉行Edge 労務管理電子化クラウド」(旧名称:奉行Edge総務人事電子化クラウド)の機能を大幅に強化したと発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、企業を取り巻く環境は大きく変化している。在宅勤務/テレワークの浸透により、対面を前提としない業務のあり方や、生活を重視する働き方が求められている。OBCでは、総務人事部門のデジタル化が必要不可欠であると考え、総務人事部門がデジタル化の第一歩を踏み出せるよう、奉行Edge 労務管理電子化クラウドを機能強化した。
 奉行Edge 労務管理電子化クラウドは、いまだに紙のやりとりが多く残る人事労務手続きに着目。従業員の入社から退職までに発生する手続きをすべて電子化することが可能となった。また、従業員からの情報収集、社員情報管理、社会保険手続きや雇用契約までの一連の業務をデジタル化する。
 具体的には、従業員からウェブ上で手続きなどに必要な情報を収集し確認することができるため、情報提出用の書類作成、印刷、郵送の作業から解放されるだけでなく、従業員が手書きしたり提出したりする手間もなくなる。
 また、1000個を超える管理項目があり、業務に必要な人事情報を網羅している。さらに、従業員から収集した情報は、確認後そのまま社員情報としてすべて更新されていくため、常に最新の情報で業務ができる環境を実現する。
 e-Govと直接連携しており、サービス上の操作で電子申請が完了する。また、労働条件通知の電子化の要件に対応しているため、労働条件通知書や雇用契約書をオンラインでやり取りできるようになる。さらに「総務人事奉行クラウド」と一緒に利用することで、人事労務業務の「社員の検索」「分析レポートの作成」が簡単に行えるようになり、人事異動や組織管理などの業務の精度を大幅に向上することができる。
 税別価格は年額22万8000円から。従業員30人までの場合の基本利用料で、管理者ライセンス1ライセンスを含む。