日本システムウエア(NSW)は、新潟県佐渡市で「自動運転・ADAS用外付制御ユニット」を搭載した「クローラー型モビリティロボット」を活用して、佐渡島特産「おけさ柿」の栽培での収穫作業とせん定作業の省力化を実現するための実証実験を11月5日に開始した。

 全国の果樹産地では、農家の高齢化が急速に進み、担い手の減少が止まらない問題を抱えている。そこで今回、果樹生産の担い手育成と国産果実の安定供給を実現するため、作業のなかでも労働負荷が大きい収穫作業とせん定作業について、自動走行(作業)機能をもつ運搬ロボットでの作業支援効果を検証し、果樹栽培の省力化に向けた技術体系の確立を目指す。
 実証実験では、NSWの自動運転・ADAS用外付制御ユニット搭載のクローラー型モビリティロボットが収穫作業者を追従走行し、収穫物・せん定枝の積載・運搬作業を行う。
 なお、今回の実証実験は、農林水産省の「令和2年度スマート農業実証プロジェクト」の公募で採択され、新潟県を代表機関とするコンソーシアムのプロジェクト内で実施する。また、柿生産でスマート農業技術導入による農作業の省力化と経営改善の効果実証を行う。