ランシステムは、朝日ネットと提携し、IPoE方式を活用したIPv6/IPv4インターネットに接続できるインターネット接続サービス「IPマルチコネクト」の受付を法人向けに12月13日から開始する。

 IPマルチコネクトは、IPv4 over IPv6技術(v4固定IP接続方式)により、IPv6インターネット上でIPv4インターネット接続を実現するサービス。フレッツ1回線につき、v4のグローバルIPアドレス1個を固定的に割り当てる。これによって法人で求められる、IPアドレスによるアクセスコントロール、インターネットVPN(拠点間VPN、リモートアクセスVPN)の構築が可能となる。なお、v4のグローバルIPアドレスのNAT(Network Address Translation)は、エンドユーザー環境で行う。
 同サービスを利用できるアクセス回線は、NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ光」またはランシステムが提供する「jiqooひかり」、光コラボレーション事業者が提供するフレッツ相当サービス。対応ルータは、ヤマハの「RTX、NVRシリーズ」、アライドテレシスの「AT-AR3050S、AT-AR4050S」、古河電工の「FITELnet F60」、NECの「IX2000、IX3000シリーズ」となる。
 税別価格は月額6000円から。