パナソニック システムソリューションズ ジャパン(パナソニック)は、総務省関東総合通信局から、Sub6帯域(4.6GHz〜4.9GHz)を活用したローカル5G SA(スタンドアロン)システムの実験試験局免許を取得、自社拠点でローカル5Gの実証実験を開始する。

 今回、実験試験局免許を取得したローカル5GのSAシステムは、パナソニック佐江戸事業場内に開設したローカル5Gラボ(仮称)内に環境を構築した。同システムでアプリケーション実証とデモンストレーションを行い、自社技術の向上とともに顧客やパートナー企業に、広くローカル5Gの有用性を体感してもらうフィールドとして利用する。
 実証実験では、ローカル5Gのカバーエリアの評価と高速大容量性能の検証を行い、ワイヤレスで4K、8Kといった高精細映像伝送を生かした遠隔での監視や点検などのアプリケーション実証を行う。また、4K、8Kカメラで点検画像のリアルタイム伝送と合わせて、ロボットなどの新しいデバイスを活用した遠隔制御での通信遅延や接続制御の検証を行い、現場作業の大幅な効率化などのアプリケーション実証とデモンストレーションを実施する。
 パナソニック佐江戸事業場南地区に設置するローカル5Gシステムでは、一つのコアで基地局を3カ所設置した。複数基地局による電波干渉検証を行うことで、工場などの現場での実運用に沿った形で実験を行いながら、電波伝搬の知見を深めていく。