アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、東京都調布市がGIGAスクール構想で整備を進める1人1台学習端末のウェブフィルタリングに、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」が採用されたと3月4日に発表した。

 調布市では、1月に市立小中学校への端末配備が完了。各学校で、全児童・生徒への貸与が進んでいる。小学校では直感的に操作しやすいiPadが、中学校では実践的なプログラミング学習を見据えてキーボード付きのChromebookが貸与された。また、持ち帰り学習や遠隔授業ができるよう、いずれの端末もLTE回線に対応している。これにより、児童・生徒一人ひとりに適した学びの機会の確保と、創造性を育むICT教育の実現を図っている。
 こうしたICT環境の整備に際して、児童・生徒が不適切なサイトにアクセスするのを防ぎ、安全な学習環境を確保するため、今回、調布市が整備するiPad1万2050台、Chromebook4650台にALSIのInterSafe GatewayConnectionが採用された。
 InterSafe GatewayConnectionは、ウェブフィルタリングによって「いつでも」「どこでも」「どんな端末でも」安全なインターネット利用が可能なクラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス。文部科学省が推奨する三つのOS(Windows/iOS/Chrome OS)に対応し、クラウドによる一元管理を実現する。教育段階にあわせて学校や学年ごとにフィルタリングルールを設定できるほか、曜日や時間帯に応じてスケジュール設定したり、学習に必要なYouTubeチャンネルのみ視聴を許可したりするなど、多彩な機能によって児童・生徒の学習を妨げることなく安全なICT環境を提供する。
 なお、ALSIでは、GIGAスクール構想向けにウェブフィルタリング製品を特別価格で提供するキャンペーンを実施している。