日本マイクロソフトは4月28日、国土交通省関東地方整備局が開設したDX関連施設に、遠隔支援ソリューションを提供したと発表した。

 関東地方整備局はDXの取り組みの一環として、4月21日、人材育成施設「関東DX・i-Construction人材育成センター」と、情報拠点となる「関東DXルーム〜Open Innovation Space〜」を開設。日本マイクロソフトが今回、関東地方整備局のDXを支援すべく提供した遠隔ソリューションは、「HoloLens 2」「Azure Remote Rendering」「Microsoft Teams」などで構成される。
 例えば、建設現場にいる作業者がHoloLens 2を装着することで、現場と施工予定の建設物の3Dデータをさまざまな位置や角度から重ね合わせて確認することができるようになる。映像はAzure Remote Rendering、Microsoft Teamsなどを利用することで遠隔地のスタッフと共有できる。その場でアドバイスを送ったり、ディスカッションを行うといった使い方が可能になるという。また、現場に関連スタッフが集合する必要もなくなるため、業務や研修の効率化、工期の短縮、さらには新型コロナウイルスの感染拡大防止策としても効果が期待できるとしている。