KDDIや小田急電鉄、ティアフォー、損害保険ジャパンの4社は、「モノが移動する」新たなスマートシティの実現に向け、5Gを活用してラストワンマイルを自動走行ロボットが配送するサービスの実証実験を東京・西新宿エリアで2022年1月頃から実施する。

 ティアフォーはパートナー企業である損保ジャパンやKDDIと、自動走行ロボットを活用した配送サービスの協力体制を20年から構築。小田急電鉄は、新宿中央公園などの地域資源を活用し、西新宿エリアの魅力創出を推進してきた。
 その4社の取り組む「5G×自動配送サービスプラットフォーム事業」が東京都のプロジェクト「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス(5G等活用サービス)実証事業」として8月13日に採択された。実証実験は、そのプロジェクトを通じて行うものとなる。
 西新宿エリアは、「スマート東京」の先行実施エリアとして「TOKYO Data Highway 基本戦略」における5Gの重点整備エリアに設定されている。プロジェクトは、西新宿エリアを全国に先行する実証エリアとし、東京都内で5Gを活用したサービス事業化の促進を目的としている。