アイ・ティ・アール(ITR)は8月26日、AI関連の主要8市場である画像認識、音声認識、音声合成、テキスト・マイニング/ナレッジ活用、翻訳、検索・探索、時系列データ分析、機械学習プラットフォームの市場規模推移と予測を発表した。ITRでは、2025年度に1200億円まで達すると予測している。
 

 20年度のAI主要8市場全体の売上金額は、前年度比19.9%増の513億3000万円と大きく伸びたという。コロナ禍で新規案件の獲得に苦戦するベンダーが散見された一方、在宅勤務での業務効率化やDXの取り組みを推進する企業でAIの活用が拡大したことで、躍進したベンダーも多いとのことだ。各市場ともに新規参入ベンダーが増加傾向にあり、競争激化が進みつつあるものの、各社とも特徴ある機能やソリューションで差別化を進めているという。
 AI主要8市場の中で、20年度に売上金額を最も伸ばしたのは機械学習プラットフォーム市場で同44.0%増。参入ベンダーの増加や低価格化も進んでいることから、今後も導入が拡大するとITRでは見込む。次いで高い伸びを示したのは、翻訳市場で同38.0%増。コロナ禍で海外とのやり取りの書面活用が増加したことなどを背景に、製造業を中心とした大企業での全社導入が増えたという。
 20年度に高い伸びを示し、今後も拡大が予想されることから、AI主要8市場のCAGR(20〜25年度)は18.7%と予測。そのため、25年度に1200億円まで達するとITRでは捉えている。