エス・アンド・アイ(S&I)は9月7日、鳥取に本社を置くアクシスのBPOセンターに対してAIを活用したコールセンターの導入とテレワーク環境の構築を支援したと発表した。アクシスは、BCP対策と柔軟な雇用形態による優秀な人材の確保を目的に「集中型からサテライトオフィスへ」をコンセプトとして全面リニューアルを実現している。

 アクシスでは、これまで鳥取のコールセンターの1箇所集中で対応していたBPO事業で新型コロナウイルスに対するリスクを早い段階で察知。早期対策に乗り出した。AIを活用したコールセンターの導入とテレワーク環境の構築を実施した。同時に、AIを活用したナレッジ共有の仕組みを構築。これまで多種多様な応対業務で生じていたメンバーの知識や経験による応対品質の差、メンバーの業務負担や不安の軽減を実現している。
 S&Iでは、アクシスのBPOセンターのリニューアルにあたり、クラウド型コールセンター/CTIシステム「BIZTEL」、Windows 10 IoT Enterpriseを搭載したセキュアな端末「ThinBoot ZERO」、AI利用の応対支援サービス「AI Dig」を導入。セキュリティに考慮したBPO業務の在宅化とBCP対策の強化を図った。また、オペレーターのスキル平準化と応対品質の向上、アフターコールワークの効率化を実現した。