ピー・シー・エー(PCA)は、中堅・中小企業向け財務会計ソフト「PCA会計DX」で日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の「電子帳簿ソフト法的要件認証」(認証番号:101800-00)と「電子書類ソフト法的要件認証(認証パターン1:決算関係書類の作成・保存)」(認証番号:300200-00)を9月16日にリリースする最新リビジョン製品で取得した。

 電子帳簿ソフト法的要件認証は、国税関係帳簿を作成・保存する会計ソフトをはじめとした電子帳簿保存法対応ソフトウェアの機能仕様をチェックし、JIIMAが事前に認証する制度。以前から、PCAの各種会計ソフトは電子帳簿保存法の適用要件を満たしていたが、同認証の取得でソフトウェアサービスを導入・検討している企業は法的要件をチェックする必要がなくなり、電子帳簿保存法対応に係る業務負担を軽減できる。
 また、22年1月施行の改正電子帳簿保存法の「優良な電子帳簿の要件」も満たしている。決算申告時に修正申告があった場合でも、過少申告加算税が軽減される。
 さらに、国税関係書類をコンピュータで作成し紙で発行する場合の控えなどを、電子データで保存を行う際の要件を満たす「電子書類ソフト法的要件認証」も取得したことで、PCA会計DXで作成・出力した決算関係書類もペーパーレスでの管理・運用が可能となる。