ソリマチとジェーシービー(JCB)9月10日、中小企業・小規模事業者の経営・会計に関する課題をデジタルの力で解決することを目的とした協業で合意に達したと発表した。

 ソリマチは、これまで「MoneyLink」「スマホ社長」などのFintechアプリ提供、全国の金融機関とのAPI連携を通じて、小規模事業者を中心とした顧客に、登録したクレジットカードや銀行口座などの入出金明細を自動で取り込み、会計仕訳の自動化・グラフ表示などの会計業務の効率化を推進してきた。一方、JCBでは中小企業・個人事業主、大規模企業からの各種ニーズや要望に応え、充実のサービスを付帯した様々な法人カードを用意している。
 今回の提携は、ソリマチとJCBの取り組みが一致して実現したもの。今後、中小企業・小規模事業者の経営力強化を図っていく。ソリマチでは、JCBとのアライアンスで全国の中小企業・小規模事業者を引き続きFintechの力でサポートしていく。