コネクシオは、独立系SIerのニーズウェルと9月15日付で業務提携した。コネクシオのモバイルに対する豊富な知見や強固な法人顧客基盤とニーズウェルのシステム開発機能を両社が相互で活用することによって企業のテレワークやDXの推進に向けた支援体制を強化し、事業拡大を図っていく。

 国内約7000社と業界トップクラスの法人顧客基盤を有するコネクシオは、モバイルソリューションの導入・運用・管理に関する豊富な知見や実績をもとに、いつでもどこでもモバイルやクラウドアプリケーションを用いて働くことができる環境「Mobile WorkPlace」の導入を推進している。
 一方、ニーズウェルは金融系システム開発を中心に幅広い業界のソフトウェア開発に携わっていることに加え、AIやRPAなどの技術で独自の機能を付加しながら企業のDXの推進を支援するソリューション製品を提供している。
 今回の業務提携によって、コネクシオは法人顧客に対してモバイルソリューションの提供にとどまらず、基幹システムへのデータ連携ソリューションの提供が可能となる。各アプリケーションに点在する情報を一元管理することで、経営の意思決定スピードを高めることができる。また、両社の事業領域から新たなサービスを創出することも検討を進めていく。