NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とフィックスポイントは9月30日、資本業務提携に関する契約を結び、フィックスポイントの第三者割当増資に対してNTT Comによる引き受けを実施した。

 今回の提携によって、両社が共同開発を進める統合ICT運用プラットフォーム「X Managed Platform」の機能強化を図る。システムトラブルの予防保全による可用性の向上や監視・運用業務の自動化による顧客の稼働削減を実現するとともにネットワークやクラウドにとどまらず、これまで以上に効果的な運用プラットフォームを一気通貫で提供することを可能とする。
 具体的には、NTT Comは、X Managed Platformの傾向分析やワークフロー自動化などの機能をフィックスポイントと共同開発し、顧客システムの運用高度化や効率化を実現する。また、両社は共同開発した機能をフィックスポイントの「Kompiraシリーズ」に実装し販売。さらに、両社間での人材交流やソフトウェア開発力強化に向けたノウハウやスキルの共有を行う。