NECや静岡県、アルム、イーソリューションズの4者は、2021年度に富士登山者を対象に実施していた体調チェックの手続きを、顔認証システムや救命・健康サポートアプリ「MySOS」を活用し、参加者のワクチン接種記録書もしくはPCR検査結果報告書などをスムーズに確認する実証実験を行う。

 実証実験では、体調チェックの手続きを顔認証による事前登録情報の確認に代えることで、安全・安心でスムーズに体調をチェックできることを確認。22年度以降の富士登山時への導入を目指している。富士宮市観光協会が企画し、10月11日から順次募集する「富士山周辺トレッキングツアー」に申し込んだ約100人を対象に富士山富士宮ルート2合目の水ヶ塚駐車場で11月6日と7日に実施する。
 NECは、実証実験でNECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証技術を活用。アルムは、個人と家族の健康・医療記録を行って救急時の対応をサポートできる健康サポートアプリ「MySOS」を提供する。イーソリューションズは、社会の課題をビジネスで解決する「事業プロデュース」を通じて新しい価値の創造を模索。4者は、実証実験の結果を踏まえて22年度以降の富士登山時の導入に加えて静岡県内の観光領域への展開も検討していく。