ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード)は11月1日、統合型脅威管理アプライアンス「Firebox」の新モデル「M290」「M390」「M590」「M690」のリリースを発表した。

 中堅・中小企業向けファイアウォールの新モデルは、低価格ながら高機能を備え、従来のミッドレンジのFireboxアプライアンスよりもセキュリティ機能とパフォーマンスが向上し、暗号化とHTTPSトラフィックにも対応できる処理能力を備えている。また、拡張可能なポートを追加しており、WatchGuard Cloudとの連携によって、常時変化するネットワーキングとセキュリティに対する顧客やサービスプロバイダーのニーズに応える柔軟性も実現している。
 ウォッチガードでは、複数のプラットフォーム連携に主眼を置いており、WatchGuard CloudからFireboxの新モデルを容易に導入、管理、ポリシーを作成することができる。サービスプロバイダーは、テンプレートを活用して複数のアプライアンスの設定を保持し、クラウドからリモートでアプライアンスを導入することができる。また、ログデータを30日間保管し、高速なログ検索と自動化されたレポーティングにより、可視性を向上している。
 さらに、新モデルのFirebox アプライアンスは、多要素認証のAuthPoint、WatchGuard Wi-Fiアクセスポイント、エンドポイントとネットワーク間のテレメトリを可能にするThreatSyncなど、その他のウォッチガード製品とシームレスに連携し、従来の複雑なセキュリティ管理を大幅に簡素化できる。