日本ユニシスは、「Microsoft 365」の導入を検討している企業の情報システム部門向けに「Microsoft 365向けPoC(概念検証)環境導入支援サービス」の提供を11月17日に開始した。

 Microsoft 365向けPoC環境導入支援サービスは、日本ユニシスが推奨する生産性とセキュリティを両立させた新しい仕事環境「モダンワークプレース」を検証環境として提供。「Microsoft 365を本格導入する前に製品を試してみたい」「テレワークを開始しているがセキュリティの不安払拭のためMicrosoft 365製品の検証をしたい」といったニーズに応える。また、クラウドPC「Windows 365」を使い、検証用端末が不要な仮想デスクトップ環境による検証も可能となっている。
 サービス内容として、「コラボレーション基盤構築サービス」「クラウド PC 利用環境設定サービス」「認証制御/デバイス管理設定サービス」「アンチウイルス/脅威の検知設定サービス」の4種類を用意。4種類のサービスともに標準構築期間が2〜3週間、価格が132万円からに設定している。