NTTドコモは、中堅・中小企業のDX推進に必要なサービスをウェブ上から購入できるオンラインストア「ビジネスdXストア」を開設し、同ストア上で販売するサービス「dXオンライン営業」「dXリモートデスクトップ」「dX勤怠・労務管理」「dX福利厚生」「dX助成金申請」「NewsPicks +d」の提供を12月1日に開始する。

 ビジネスdXストアは、DXのカテゴリごとにNTTドコモが厳選したサービスを購入しやすい価格で取り扱うため、主にこれからDXに取り組もうとしている中堅・中小企業がサービス選定に迷うことなく、安心して契約・利用することができる。
 サービスの申し込みに際して、記入や捺印などが不要。同ストア上で申し込みを完結することができる。また、サービスの導入支援から、導入後の問い合わせ対応など、不明点や運用中の困りごとに寄り添ったサポートを提供する。
 同サービスは「ビジネスdアカウント」による共通ID認証となるため、サービスごとのID/パスワードの管理が不要で、シームレスなサービス利用が可能。さらに、ドコモビジネスメンバーズに加入していれば、月々の利用額に対する「ドコモビジネスポイント」の進呈に加え、対象となるソリューション契約数に応じてポイントの進呈率がアップする。
 12月1日時点のラインアップは6サービスだが、22年3月末までに「dX電子契約」「dX商談・名刺管理」「dX電子請求書発行」「dXホームページ」「まるごとビジネスサポート」も提供する予定。
 NTTドコモでは、ビジネスdXストアを提供することで、ビジネスdアカウントをはじめとした法人向け会員基盤・会員サービスの充実を図るとともに、中堅・中小企業のDXの推進や、ニューノーマルに向けた働き方改革の推進に寄与していく。