日立システムズは、Hitachi Systems Micro Clinic(本社・インド)の社名をHitachi Systems Indiaに変更し、Chairmanを橋本崇弘氏に交代した。
 

 Hitachi Systems Indiaは、1991年にニューデリーで設立されたITサービス企業。14年に日立システムズのグループ会社となり、IT機器調達からシステム設計・構築、運用、保守に至るまでのワンストップサービスを提供してきた。昨年1月には創業者の引退に伴い経営陣を刷新。新たな価値の創造や経営スピードの向上、事業運営の効率化を進めている。
 こうした中でインドのITサービス産業は近年、急激に成長し、世界での役割が大きくなっている。そのため、日立製作所はインドをグローバル戦略上の重要地域と位置づけている。日立グループの情報・通信システム事業の中核企業である日立システムズは、Hitachi Systems Indiaを中心にインドでのITサービス事業基盤の強化と事業拡大に向けた取り組みを積極的に進めてきた。
 今回の社名変更とChairman交代により、Hitachi Systems Indiaは、新経営体制に移行し、日立システムズとの連携を強化する。また、新Chairmanのインド赴任によって、従来以上に日本からの経営参画を進めることで、インドでのブランド価値をさらに向上させ、日立システムズが目指すグローバルサービスカンパニーのインド拠点として、サービス事業拡大を加速するとともに、顧客や取引先ベンダーとのさらなる関係強化に取り組んでいく。
 今後、Hitachi Systems Indiaでは、既存のITソリューション事業を強化するとともに、グローバルサービスデスク(GSD)、ネットワークオペレーションセンター(NOC)と合わせて約100人のエンジニア体制を中心に、インド国内約1500人のサービス要員で、顧客にクラウド、セキュリティ、マネージドサービスをはじめとするITサービスを提供していく。