大塚商会は、米dotDataに出資し、AI技術分野で強固な資本業務提携を行った。この資本業務提携により、企業向けAIソリューションの開発、提供を強化する。
 
 大塚商会とdotDataは、4月12日に中堅・中小企業のAI民主化加速に向けた戦略的アライアンスを発表し、組織の大小問わず幅広い業務分野で、より多くの人がAIによって業務を高度化・効率化ができるAI自動化のビジネス実装を共同で開始した。
 両社はそれぞれの強みを最大限に活用・連携し、「AIを意識せず、高度な技術知識やスキルを有せずとも、AIが導き出してくれるインサイトを業務にシームレスに利用できるサービスを提供してほしい」というニーズに応えていく。このため、dotDataのAI自動化の機能を大塚商会の提供する各種ITサービスやソリューションに組み込み、クライアント企業のユーザーが本来の業務に注力しながら、ITソリューションの利用の中で自然にAIの価値を享受できる仕組みの実現に向けた取り組みを加速する。
 これまで大塚商会は、自社内のさまざまな課題解決で、dotDataを使用したAI活用を積極的に行ってきた。社内活用では、蓄積したビッグデータをAIで分析し営業力強化を図っている。また、さまざまな顧客に基幹系と情報系のシステムを提供し、業界・業種ごとに必要な機能を部品化した仕組みを強みに、顧客固有のカスタマイズ対応を効率化している。AIソリューションでも、この部品化の考え方を取り入れ、ハイブリッド構成を採用することでリーズナブルでスピーディーな対応が可能となる。
 AIによるビジネスの変革は、次の段階に入りつつあり、AIを使いこなす「人」が中心となる世界の実現が迫っている。今回の資本業務提携により、大塚商会が提供する基幹系・情報系システムに、dotData技術を組み込む開発を具体的に行うことで、次の段階のAI変革を進めていく。