日商エレクトロニクス(日商エレ)とJTPは、コンテナオーケストレーション「Red Hat OpenShift」を活用した金融機関向けアプリケーション・モダナイゼーションサービスの提供を5月13日に開始した。
 

 新サービスは、金融機関が顧客向けに提供するアプリケーションのテストからリリースまで一連のサイクルを短縮するモダナイゼーションサービス。コンテナオーケストレーションのOpenShiftと、HCIとして実績が豊富なNutanixの連携をコアに、開発資産のテストからリリースまでを自動化し、個社にあわせた最適な運用体制の設計・構築までを行う。
 具体的には、テストからリリース、運用の自動化機能をもつOpenShiftを活用し、アジャイル移行のポイントである内製化を実現するため、金融各社の状況にあわせてアセスメントから検証による裏付けを行う併走型のサービスを提供する。また、OpenShiftとNutanixの連携を生かし、ハイブリッドクラウドに対応したインフラからアプリレイヤーまで一気通貫のDX基盤構築サービスであるため、環境構築にかかる時間や手間も削減することができる。
 「Containerization PoCサービス」では、事前のコンテナアセスメントを踏まえ、コンテナを「理解する」「作ってみる」「触ってみる」を通じて金融機関がOpenShift導入時の効果や課題を具体的に体感してもらう。モダナイゼーションサービスの一環として、日商エレのラボ内に構築したOpenShift検証環境を活用できる。
 新サービスを導入することで、従来の大規模システム開発体制とそれに伴う委託先ベンダーとの調整、品質などの課題を解決することができる。また、自社のエンジニアを中心とするアジャイル開発体制を構築し、顧客に最適なシステム・サービスをスピード感よく市場に投入することが可能。ビジネス部門の求めるスピード感に応えるITサービス基盤を構築することで、ディスラプターなど競合他社に先駆けてビジネスを推進することができる。
 今後、日商エレとJTPは金融を中心としたアプリケーション事業の顧客450社に対し、新サービスを通じてビジネス環境の変化に迅速に対応するアプリケーション開発・運用基盤を提供していく。業界初となるOpenShiftとNutanixの連携基盤を活用し、新旧アプリケーションが混在する金融機関のアプリケーション・モダナイゼーションの実現を支援する。
 なお、新サービスのリリースにあわせ、Containerization PoCサービスの50万円特価キャンペーンを6月30日契約分までの期間限定で提供する。