契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは6月23日、シリーズDラウンドで総額約137億円の資金調達を実施すると発表した。これにより、同社のエクイティによる累計資金調達額は、シリーズDラウンド実施後、約179億円となる。

 今回、SoftBank Vision Fund 2をリード投資家として、Sequoia China、Goldman Sachs、既存投資家であるWiL,LLC、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルなど、それぞれが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資により、シリーズDラウンドで総額約137億円の資金調達を実施する。
 調達資金は、同社のミッションである「全ての契約リスクを制御可能にする」を実現するため、採用、開発、営業の強化に投資していく。
 LegalForceでは、弁護士の知見と最新のテクノロジーをかけ合わせて、契約業務の質の向上と効率化を実現し、契約リスクを制御するソフトウェアを開発・提供している。