プライム・ストラテジーは、開発・提供する超高速CMS実行マシン「KUSANAGI」の累計稼働台数が提供を開始してから7年で6万台を超えた。また、エンタープライズ企業向けCMSの統合管理の基盤としてAlmaLinux OSに対応した。

 KUSANAGIでは技術の進歩に迅速に対応していくことを重視し、「KUSANAGI 9」のOSとしてCentOS Stream 8を選択し、提供を開始している。しかし、エンタープライズ企業のCMSの統合管理の推進で、さらなる安定性が求められることから、サポート期間の長いAlmaLinux OS 8に対応したKUSANAGIを提供することとした。現在、AlmaLinux OS 8版のKUSANAGIは、Microsoft Azure、AWSのBusiness Edition、Premium Editionで利用できる。
 同社では、今後もCMSプラットフォーム統合への需要が続くと考えられるため、AlmaLinux OS 8版のKUSANAGI 9を中心に代表的なCMSのサポートなどの機能開発を進めていく。また、AlmaLinux OS 8版のKUSANAGI 9はエンタープライズ用途を想定しているため、当面の間、有償版(Business Edition、Premium Edition)の開発と各クラウドからの提供を優先する。なお、KUSANAGI 8とCentOS Stream版のKUSANAGI 9についても引き続き提供していく。
 今後は、次期OSとしてCentOS Stream 9/AlmaLinux 9への対応を進めるとともに、有償版でのGUIの提供など、CMS統合管理のプラットフォームとしての業界標準を目指して開発を進める予定。
 KUSANAGIの統合管理システムである「KUSANAGI Cloud」については、CMSの統合管理に関する機能を中心に、導入ではマイグレーションやテストの自動化、運用面ではセキュリティ監査、AIによる障害対応や未然防止などのハイパーオートメーションの拡充を進め、パートナー向けサービスの提供、一般公開を目指す。
 また、これらの技術を基盤にハイパーオートメーションの導入サービスの提供や経営層向けマネジメントシステムなどの一般公開を進めるほか、各クラウドプラットフォームとの連携を深め、ライセンス分野でもパートナーとの協業を推進していく。