ネットワールドは、顧客の現状のセキュリティ対策とサイバーセキュリティのガイドラインであるCIS Controls(Center of Internet Security Controls)とのギャップを可視化して、次に取り組むべきセキュリティ対策、強化の方向性を明確にするセキュリティ診断サービス「Security Compass Service(SCS)」の無償提供を9月7日に開始した。

 ネットワールドでは、多様化するセキュリティソリューションのニーズに対応するため、製品ポートフォリオの拡大、豊富なソリューションやノウハウの提供とともに、エンジニアによるさまざまな技術サービスを提供している。従来から提供している導入前のPOCやPOV支援サービス、導入時の設計や構築支援サービス、導入後のセキュリティ運用支援サービスに加え、検討段階のアドバイザリーサービスを拡充し、顧客のセキュリティ課題解決を支援する。
 今回新しく無償提供するSCSは、顧客のセキュリティ対策状況をオンラインの問診票に記入してもらい、米国の非営利団体CISが提供するサイバーセキュリティのガイドラインであるCIS Controlsの順守状況を数値で可視化。順守状況を向上するための改善提案を「セキュリティ診断レポート」として提供する。そのため、顧客環境に何か設置したり、インストールしたり、設定変更したり必要はない。
 CIS Controlsは、インベントリー管理、データ保護/復旧、アカウント管理、マルウェア防御、ネットワークインフラ管理、セキュリティトレーニングなど18種類のカテゴリを網羅。SCSでは、CIS Controlsに基づき、顧客のセキュリティ対策全体の課題や弱点を的確に把握したうえで、ネットワールドの豊富なソリューションやノウハウをもとに、顧客ごとの要件に応じた課題改善策を提案し、効率的なセキュリティ強化を支援していく。
 また、ネットワールドではSCSのセキュリティ診断サービスを提供するだけでなく、改善策の提案から、対策製品評価実施時の支援、導入支援サービス、導入後の製品サポートやSOC/MDRなどの運用サービスまで、顧客のセキュリティソリューション導入支援をトータルに提供する。