ミロク情報サービス(MJS)と、働き方改革&健康経営の推進で労働生産性向上をサポートする勤次郎は、MJSの給与システム「Galileopt DX 給与大将」「MJSLINK DX 給与大将」と、勤次郎の中堅・大企業向け労務管理システム「Universal 勤次郎」のAPI連携を開始した。

 今回のAPI連携により、Galileopt DX 給与大将、MJSLINK DX 給与大将に登録された氏名、所属部門などの社員情報と、Universal 勤次郎に登録された出勤日数、勤務時間、休暇日数などの勤怠情報をワンクリックで自動連携することが可能となった。
 これによって、従来は入社時に給与システムへ社員情報を登録後、労務管理システムにも同様に情報を登録しなければならないなど、システムごとに対応を要していたマスターデータのメンテナンスや二重管理が不要となり、入力・修正ミスの低減と業務効率化を支援する。また、今後、両社は販売面での連携も加速し、ともに顧客のDXを推進していく。
 MJSでは、今後も各社製品とのAPI連携を順次拡大し、パートナーシップを強化することで、顧客の経営課題を解決する総合的なソリューションを提供。Galileopt DXやMJSLINK DXをはじめとしたERP製品や各種サービスを通じ企業のDX推進を支援し、業務効率化と生産性向上、経営状態をリアルタイムに把握するための月次決算の早期化、中堅・中小企業の経営の高度化と企業価値向上につなげていく。
 勤次郎は、労務管理の「Universal 勤次郎」と健康管理の「ヘルス×ライフ」を提供している。労務管理データと健診・ストレスチェック・生活ログなどの健康管理データを統合ERP化し、経営ビジョンに合わせた戦略的なHRM(人的資源マネジメント)をサポートしている。主に中堅から大企業まであらゆる業種・業態に対応しており、製品への信頼性と満足度の高さは、直近1年間のクラウド平均解約率が0.22%と低位安定していることに表れている。