ミロク情報サービス(MJS)は、顧客管理・営業支援システムを開発・販売するBizMagicを子会社化し、MJSグループとして、新たな体制のもと顧客管理・営業支援システム「BizMagic」の提供を開始する。

 国内産業は成熟化が進むとともに、顧客のニーズは多様化している。そのため、製品・サービスの差別化や顧客に合わせたマーケティング活動が求められ、顧客データを活用した既存顧客との長期的な関係維持、顧客一人ひとりに寄り添ったコミュニケーションの重要性が高まっている。
 こうした中、MJSでは今回の子会社化により、新たにBizMagicを製品ラインアップに加え、ERPと親和性の高いCRM分野までサービス領域を拡大した。BizMagicは、顧客の企業情報や名刺情報、訪問日時や問い合わせ内容などの接点情報、案件状況などを一元管理し、社内で共有できる顧客管理・営業支援システム。用途に応じオプション機能をつけることで請求書や見積書の作成、決済、押印、メール送付など一連の作業をシームレスに実現し、顧客にあわせたきめ細かな対応による顧客満足度向上を支援する。また、オンプレミス版とクラウド版を用意しており、テレワークや在宅勤務など場所を問わない多様な働き方を実現し、生産性の向上と売上拡大をサポートする。
 今後、MJSの全国31拠点におよぶ営業基盤や、顧客基盤を生かし全国の中小企業に対してBizMagicを提供する。日々の顧客情報や案件管理などの業務効率化とスピーディーな情報共有により、中小企業の生産性の向上と売上拡大を支援する。
 また、同社のERPシステムとの連携に加え、中小企業のニーズに即した機能強化、他社システムとの連携拡大を図り、中小企業に対してフロントオフィスとバックオフィスをつなぐ、最適なERP/CRMソリューションの提供を予定している。