名古屋銀行が、アイティフォーの個人ローン業務支援システム「SCOPE」と個人信用情報照会システム「MICS 2.0」を10月3日から本格稼働した。

 名古屋銀行は、住宅ローン業務の集中拠点を10カ所から4カ所に集約し、迅速で充実したサービスを提供する体制を整備するため、スピーディーな審査を実現するSCOPEとMICS 2.0を採用した。
 今回の導入で、ローンセンターで受け付ける書類のペーパーレス化の推進、審査ワークフローによる案件の進捗管理、個人信用情報の照会、審査支援機能による自動審査、保証会社への保証審査依頼を行う。これにより大幅に審査スピードが向上し、早期に審査結果を回答することができるようになる。今後は他システムとの連携強化による自動化、効率化を進める予定で、引き続き同行の融資業務をトータルで支援していく。
 SCOPEは、住宅ローン審査、無担保ローン審査、途上与信審査に対応しており、ローン申し込みを受付後、個人信用情報機関への照会、照会結果の名寄せや集計、融資条件への適合性や過去の取引状況のチェックなどを自動化するウェブ版パッケージシステム。一連の流れをトータルで管理することができ、審査の効率化を実現する。
 MICS 2.0は、個人信用情報機関(KSC、CIC、JICC)との接続機能を提供し、1回の照会処理で複数の機関の情報を取得することができる。各信用情報機関からの回答情報を自動集計する機能により、回答情報の分析・集計を行う。