ミロク情報サービス(MJS)の子会社であるMiroku Webcash International(MWI)は、アカウントアグリゲーションサービス「Account Tracker(アカウントトラッカー)」が、リースが提供する家賃保証業務に特化したDX支援SaaS「smeta(スメタ)クラウド」に採用された。11月1日にサービス連携を開始した。

 Account Trackerとsmetaクラウドの連携は、Account Trackerが提供する銀行入金情報の一括取得サービスをsmetaクラウドに連携させることで、smetaクラウド利用企業の家賃債務保証業務の効率化と生産性向上を支援する取り組み。
 この連携で、Account Trackerを通じてsmetaクラウド利用企業の銀行口座への入金があった情報を「1日に複数回、自動で、一括して」取得し、即時に入金データをsmetaクラウドに反映する。リアルタイムでの入金確認と消し込み作業を実現することで、smetaクラウド利用企業の経理担当者は顧客から預かる家賃振り込みなどの入金情報をミスなく管理でき、業務工数を大幅に軽減し生産性の向上を図ることが可能となる。
 Account Trackerは、異なる金融機関の複数の口座情報を一元管理し、各種ソフトウェアや外部サービス向けにエンジンとして提供する国内有数のアカウントアグリゲーションサービス。銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどの基本的な金融アカウントの情報取得のほか、証券、投資信託、保険といった幅広いカテゴリーに対応し、金融情報のハブとして関連サービスの価値向上を可能にする。MWIは、MJSのソフトウェア、サービスに限らず、さまざまなソフトウェアやサービスにAccount Trackerを提供している。