キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、AGV(無人搬送車)やAMR(自律移動ロボット)に搭載して幅広い用途に活用できるVisual SLAMソリューション「自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software」の販売を6月7日に開始した。価格はオープン。

 昨今、超スマート社会の実現に向けた取り組みの一つとして、AGVやAMR、ドローン、人や物体などを認識して駆動するサービスロボットを活用した工場や物流、商業施設などでの自動化や無人化が進められている。これらの高度な自律性をもつロボットには、移動や動作に必要な周辺環境情報を的確に取得するため、眼の役割を果たす仕組みの精度が重要となる。
 今回、キヤノンITSでは、位置姿勢計測や地図作成機能をもつ高精度なキヤノンのソフトウェア「Vision-based Navigation Software」と、HMS製産業用AIスマートカメラ「SiNGRAY Stereo Pro」を組み合わせ、サービスロボットソリューション「自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software」として提供する。
 Visual SLAMは、移動ロボットの眼となるソフトウェア技術。幅広い画角で撮影されたステレオカメラ撮影データを用いて、周囲の環境の3次元情報とカメラの位置や姿勢を同時に推定するため、レイアウト変化の多い現場にも柔軟に対応することができる。Vision-based Navigation SoftwareのVisual SLAMは、立ち上げ時の高速な位置姿勢計測が可能で、また暗所や逆光に強く照明変動や外光環境への順応性が高いため、地図作成に必要なルート走行テストの回数を少なくすることができる。加えて、検出した特徴点の分布やルート走行で作成した地図、計測信頼度のメーター表示を同一画面上で閲覧可能なため、稼働環境によって発生する課題への対応の迅速化を実現する。
 キヤノンITSでは、30年以上にわたり、カメラ、画像処理ボード、ソフトウェアを組み合わせた画像処理ソリューションをさまざまな製造現場に提供し、顧客の抱える課題を解決してきた。「自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software」の提供にあたっても、AGVやAMRなどの開発に必要なプログラム開発やステレオカメラでの評価をサポートし、顧客の検証から実装に至るプロセスの短縮を支援する。
 これまで主に製造業向けに提供してきた産業用カメラを用いた製品/サービスで培った画像処理ノウハウを生かし、今後はさらに、物流/移動、点検、配膳/給仕などの自動化/少人化ニーズに対応するべく、新しいサービスを提供していく。