カインズは、カヤックと5月23日に資本業務提携契約を締結した。
 

 今回の提携により両社は、カインズが推進する「DIY文化の創造」や地域社会との共創を図る「くみまち構想」などの実現に向けたパートナーとして、顧客体験の価値向上や新商品開発、カインズとカヤックとの人財交流による社内文化の活性など、様々な分野で協業を進めていく予定。
 カインズは、「世界を、日常から変える。」をビジョンに、家庭や地域のくらしをもっと楽しいものにするための「DIY文化の創造」や、地域と協力し、地域の人々が主役の、未来の「まちのくらし」をともに創っていくことを目指す「くみまち構想」の取り組みを加速している。
 カヤックは、「つくる人を増やす」という経営理念のもと、固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、「うんこミュージアム」などの体験施設やデジタルプロモーション、ゲームエンタメの企画・開発やVR・メタバース開発など、相互にシナジーを図りながら幅広い事業展開を進めている。
 また 2020年には「ちいき資本主義事業部」を設立し、移住スカウトサービスの「SMOUT」やデジタル地域コミュニティ通貨「まちのコイン」といった地方創生や自治体DX、地域コミュニティの活性化を推進している。
 カインズとカヤックは、“日本のくらしをもっと楽しくしたい”、“地域をもっと元気にしたい”、“主体的に生きる人をもっと応援したい”という両社共通のビジョン・事業目標の実現を目的として、今回、資本業務提携契約を締結した。
 提携する業務の範囲は、(1)顧客に対するプロモーションなどコミュニケーション戦略の推進、(2)両社による話題性をともなう商品またはサービスの共同開発、(3)カインズのくらしメディアでの継続的なコンテンツ開発、(4)カヤックの提供するまちのコインを活用したDIYなどのコミュニティの育成、(5)カインズが推進するくみまち構想とカヤックのちいき資本主義事業の連携、(6)両社の従業員の人財交流によって両社の創造的な社内文化を活性化させること−−の6つとなる。
 カインズとカヤックでは今後、「くらしを、もっと面白く」を合言葉とし、地域やそこで主体的に生きる人々のより良いくらしを応援する様々な取り組みを進めていく。