岩谷産業は10月3日出荷分から、カセットこんろで約5〜20%、カセットガスで約15%の値上げを実施する。4月に続き、二度目の値上げとなる。

●「タコパ」や「鍋パ」が気軽にできなくなる?


 岩谷産業は4月1日出荷分からカセットこんろで約5〜15%、6月1日出荷分からカセットガスで約15%の値上げを実施していた。
 10月の二度目の値上げについては、今年度に入ってもカセットこんろ、カセットガスの主要原材料である鋼材価格が急騰していることに加え、包材をはじめとする資材価格、物流費はさらなる高騰が続いているとする。
 その上で、効率化・合理化を進め、可能な限りコスト削減に努めて製品の安定供給や安全安心な品質の確保、価格の維持に努めたが、自助努力だけではコスト増を吸収できない状況となったという。
 カセットガスについては、二度の値上げにより、値上げ前より約30%アップすることになる。製品だけでなく、燃料価格の高騰も直撃している形で、今年は秋以降のたこ焼きパーティーや鍋パーティーを気軽にできなくなりそうだ。