VAIOは8月1日、都内にて経営方針発表説明会を開催し、VAIO設立から3年間の振り返りと今後の4つの事業戦略について発表した。

 新社長に就任した吉田秀俊代表取締役社長はVAIO設立からの3年間について振り返り「PCを生産性・創造性を高める最高の道具と位置づけ、営業部を設立したことによる製販一体の体制、法人向け営業体制の整備の結果、この3年間で売り上げの大幅増加、営業利益二期連続黒字化の実現、安定した収益構造が確立できた」と語る。

 また、今後のVAIOの方針として、法人向けPC販売ビジネスの倍増、既存のEMS事業を拡大し、企画から開発までの付加価値提案・提供する「NB(New Business)事業戦略」、中国売上高No.1のEコマースサイト「JD.com」を販売戦略パートナーに、2017年8月8日よりVAIO製品の中国市場再参入、第三のコア事業として、法人向けにVRに関するハードシステムの導入や保守、コンテンツ制作などのVRソリューションを提供する事が発表された。(BCNメディア編成部)