シャープは10月3日、8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」2機種を発表した。8Kチューナーを内蔵せずに「8K対応」としたことで低価格化を実現。60型「8T-C60BW1」の価格はオープンで、税別の実勢価格は35万円前後、70型「8T-C70BW1」は50万円前後の見込み。11月9日に発売する。

 シャープは、2018年12月に実用放送が始まった新4K8K衛星放送に合わせて、同年11月に世界初の8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビ「AQUOS 8K」3機種を発売した。当初の実勢価格は、80型の8T-C80AX1が200万円前後、70型の8T-C70AX1が100万円前後、60型の8T-C60AX1が75万円前後だった。今回のAQUOS 8K BW1シリーズは、8Kチューナーを内蔵していないため単純比較ができないが、1年で約半額の価格帯を実現した。
 BW1シリーズは、BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵し、新開発の8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を搭載。地上デジタル放送や新4K衛星放送などの映像を超解像技術で8K解像度にアップコンバートして、高精細で色鮮やかな映像を表示する。
 具体的には、水平7680×垂直4320画素の液晶パネルを採用し、2Kの約200万画素や4Kの約830万画素のネットコンテンツやブルーレイディスクなど、さまざまな解像度の映像を8Kの約3300万画素にアップコンバートする。
 また、新たな映像モードに、スポーツ観戦をより臨場感豊かに楽しめる「8Kスポーツビュー」を搭載。Medalist Z1のアップコンバート技術に120Hzの倍速技術を加えることで、被写体の動きを予測しながら中間映像を補間し、動きの滑らかな映像を実現する。音声でも、スタジアムサラウンド機能を追加することで観客の歓声など会場にいるような臨場感が楽しめる。
 なお、動きのボヤケを低減するために倍速補間された1枚1枚の映像の切り替わりに黒映像を挿入するが、昨年モデルでは黒映像を挿入する分だけ画面全体が暗くなっていたが、BW1シリーズではバックライトの輝き復元を最適化することで、明るさを保ったまま黒映像を挿入することで、ボヤケを抑えながらも、より明るくて見やすい映像にした。
 シャープのAIoTプラットフォームの「COCORO VISION」にも対応。AIがユーザーのよく見るテレビ番組や時間帯、録画予約の状況などから視聴傾向を学習・分析して、これまでの地上デジタル放送に加えて、新4K衛星放送や「COCORO VIDEO」のネット配信番組などから、おすすめの番組を音声で知らせてくれる。
 ほかにも、Android TVのプラットフォームAndroid 9 Pieを採用し、動画配信サービスを楽しめたり、マイク搭載の付属リモコンによる音声検索をしたりできる。
 BS4K・110度CS4Kチューナーを2基、地上・BS・110度CSチューナーを3基搭載しているので、4K放送を視聴しながら別の4K放送と地上・BS・110度CS放送の2番組を、別売りの外付けHDDなどで同時に裏録画できる。