2019年のドライブレコーダーを実売データで振り返る。「BCNランキング」2019年1月1日から12月15日までの合算集計データによると、ドライブレコーダーの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
 
 集計期間中に最も売れたドライブレコーダーはコムテック「ZDR-015」だった。
 コムテックは他にも4位と5位を獲得している。
 そんなコムテックを猛追するのがJVCケンウッド。2位になった「DRV-MR740」を筆頭に、4製品がTOP10入りした。
1位 ドライブレコーダー
ZDR-015(コムテック)
2位 スタンドアローン型 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー
DRV-MR740(JVCケンウッド)
3位 ドライブレコーダー
DRV-340(JVCケンウッド)
4位 ドライブレコーダー
ZDR-022(コムテック)
5位 ドライブレコーダー
ZDR026(コムテック)
6位 ドライブレコーダー
DRV-830(JVCケンウッド)
7位 ドライブレコーダー
DRV-240(JVCケンウッド)
8位 MOVIO MDVR104FHD
(ナガオカトレーディング)
9位 ドライブレコーダー
WD300(ユピテル)
10位 Car Camcorder
f870g(HP)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。