クラウドローンは、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられるレンディングプラットフォーム「クラウドローン」を1月23日に開始した。

 生命保険や火災保険、住宅ローンなどは比較サイトで簡単に比較できるが、各銀行が提供している目的別ローンの比較サイトはほとんどない。あったとしても、消費者金融などの無担保ローンしか扱っていなかった。そこに着目し、金融庁の認可を受け、個人と銀行を結ぶ国内唯一のプラットフォームとしてサービスを開始した。
 高額商品を購入・契約するに当たり、金利のかからない「一括払い」が最も安いが、低金利で融資を受ければ、目的を達成する時期を早めることができる。銀行の目的別ローンは、一般的な提携ローン(カーディーラーや店舗が紹介する提携信販会社のローン)より金利が低いため、免許取得を含むマイカーの購入・修理、高額なカメラやPCの購入費用、資格取得や英会話レッスン代などの費用に最適としている。
 サービス開始時点では、中国銀行、伊予銀行、スルガ銀行、三重銀行、仙台銀行、常陽銀行の6行と提携。申込時点では、審査に不要な個人情報は入力する必要はなく、融資の可能性が高い場合のみ、参加銀行から提案という形で連絡が届く。
 参加する各銀行のローン商品は、いずれもオンライン上で全て融資手続きが完了する。参加銀行は今後増やす計画で、クラウドローンが各銀行と調整を行っている。